肌のくすみ > コラム > くすみ、シミ、肝斑の違い

くすみ、シミ、肝斑の違い


くすみ、シミ、肝斑の違いを理解している人はどれ程いるでしょうか?
これらは肌のトラブルとしておなじみですが、一度出てくるとなかなか良くなりませんので日頃からの対策が必要です。
しかし判断を誤るとかえって悪化することもありますまので、まずは専門医の診断を受けることからはじまります。
また普段からも、くすみ、シミ、肝斑の違いを良く理解しておくことが大切です。

くすみ、シミ、肝斑の違いについて

くすみ、シミ、肝斑の違いを理解することで、適切な処置を施すことができます。
まずしみです。しみは人によってその症状も変わってきます。
一般的にシミといわれるものは、別名老人性色素斑や日光性黒子と呼ばれるものです。

肌にできるしみは、肌の老化と紫外線の影響による蓄積によって、過剰に生成されたメラニンが排出しきれずに色素沈着したものです。
肌が紫外線を浴びることによって活性酸素が発生し、それを守るため酸化酵素チロシナーゼが活性化されます。

この活性化したチロシナーゼが色素細胞の中にあるチロシンと結合して、メラニンを生成します。
通常メラニンはターンオーバー効果によって肌表面に押し出されて、垢と一緒に排出されることになります。
しかし何かしらの原因によってターンオーバーが乱れると、排出できなくなりしみとして肌に残ってしまうことになります。

よく似ています

しみとよく似たものに肝斑があります。肝斑は左右対称に現れ、よくしみと間違われます。
形は筆を使って帯や線をかいたような感じで、地図、小さい逆三角形、また蝶の羽根のようだと言われています。
下まぶたにできるものは、クマのように広がっていくタイプです、

そして目尻にできるものは、頬骨に沿って現れるタイプです。頬の一番高いところは紫外線を受けやすいところでもあります。
また口元や眉上に出てくるものは、日光黒子と間違えやすいので注意してくたさい。

そしてくすみです。こちらは具体的にどういう状態を指すということはありません。
美容用語として、肌全体の色が優れないこととされています。/em>
そのためしみが現れた時、症状が優れなければクスミということもあります。

「肌のくすみ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る